家族葬だから大丈夫?保険に入っているから大丈夫?

相談は大事です。未分類

わりと危ういこの考え。「家族葬だから、お金はかからないの」と言い切る方が現在大変多いです。

この落とし穴に足元をすくわれて痛い思いをしてしまうご家庭が増えていることをご存じでしょうか。

家族葬とはただの「名称」。安さを表すものではない。

家族葬だろうが近親者葬だろうが、結局“葬儀”であることは変わりありません。

事前だって、低めに抑えるための“終活”しっかり行うことで「家族葬」という葬儀を滞りなく進められます。

憂いなくお見送りするには必要なのです。

ここで、大事なのは葬儀の準備と”その後の準備”は並行して行わなければいけない。ということなのです。

チェックポイント

  • 「家族葬」における出費の範囲は、見積もり時点で予測範囲内に収まっているのかどうか。
  • 葬儀後のご家族の暮らしに金銭的に影響が出たりしないかどうか
  • 生命保険、および生命共済を葬儀兼その後の生活費にまとめて当てようとしてはいないか。

終活をしているかどうかで変わるという点については、まず出費の範囲を知ることになります。

どれだけ必要になるのか。

安くてしっかりサービスもする葬儀社がどこなのかなど、しっかり“セルフリサーチ”しなければなりません。

また、出費で限界を迎えてご家族の暮らしがギリギリになってしまっても本末転倒。

中には一切事前準備をしてきていなかった上に、葬儀社側と打ち合わせもせずお任せで葬儀をとりおこなったら借金ができてしまったご家庭も。

ここで保険金及び共済金をまとめて葬儀費用とその後の生活費用に充てようと考えているご家庭も実は多くあります。

しかし、葬儀は家族葬であれ80万円~100万円前後が現在の相場

一度支払いをすれば、葬儀代だけでお金は消えてなくなってしまうことでしょう。

大事なのはとにかく事前の準備

終活というセルフリサーチをしっかり行うことで、出費範囲を認識すること。

そして、その出費をまかなう方法の選定、および使用用途の確認。

保険金・共済金も全部をまとめて賄えるほどの大きな金額を取り扱っているものばかりではありません。

何かがあった時にはどうすべきなのかという点も含めしっかり、事前認識が必要となります。

葬儀用の費用はゆとりの生命共済で賄いませんか?

恐らく、その後の生活費の部分などは別に保険に入られていらっしゃることでしょう。

しかし、生活費そのものがまず大きな出費です。

ならば葬儀に充てる部分の一部に当組合の生命共済をご検討ください。

掛け捨てにして、出費そのものを最低限に抑えている新潟県内でもトップクラスの低掛金生命共済。

資料請求・郵送も無料で行っておりますので、お気軽にご連絡ください。

コメント